2018年2月28日水曜日

勉強してみました仮想通貨について3

ICOとは?


ICOは上場(公開)前のプレセールのことです。
株でいうIPOのようなもの

本来のICOは上場(公開)日程が決まると
買い手勢力を強めることを目的として行います。

買い手勢力が大きければその通貨の値段は上がります。

しかし、近年は仮想通貨の上場日程が決まっていないのに
資金集めで行うことも多く、
結局、上場せず買った人は損をするケースも増えているので
要注意と言われています。

上場後はプレセールスの20倍~50倍になることも当たり前のようにあります。
50倍なら1万円が50万円になります。


また本当にしっかりとした仮想通貨のプレセールスは
まずは縁故者、関連企業、プロの投資家などが買うので
一般の私たちはIPOで買うのはなかなか難しいことが多いようです。

そこで初めてのラストチャンス
先に書きましたように
上場後、間もなく1度値が下がったところで「買う」
だそうです。

一般の私たちはなかなかAI導入のコンピューターで
トレードをすることは難しいので
後は寝て待つ 状態が無難なのかなと思います。


インフラビジネスとは?


その産業の経済活動を広める市場のビジネスを指します。
新たな経済革命時にインフラビジネスを築いた企業・人々が
莫大な財産を築いた歴史があります。

歴史を見ると
先のコンドラチェフの波 
第3波 モータリーゼーション
   石油王 ロックフェラー

車にはガソリンが必要 その元となる石油の権利をもち
現在も莫大な財産を所有している

米国のゴールドラッシュの時代
最も大きな利益を得たのは
作業着と鶴嘴を売った人々と言われています。

金を採掘しに来た多くの人が採掘に必要な道具をもってこなかったので
金山の入り口で特に作業着=ジーンズを売った人々
ジーンズは世界中に広まった。


フィンテックの時代のインフラビジネス


仮想通貨が使える場所(市場)を作るビジネスは
莫大な利益を得ることが容易に予測される。

ITがその大きな市場を作るとも言われています。
現在のITの完成度は5%、
ITはフィンテックが成功した時初めて完成度100%に
なる言われています。

旨くフィンテックの時代のインフラビジネスと出会えば
その企業に就職するとか
そこに出資するとか‥できたら幸運ですね。


企業を見極めるために


金融の専門家から学んだのは
世界の経済の構図を理解しないといつまでたっても失敗すると
ここではとても長くなるので
詳しく書くことはできませんが

その少し、一部に
例えばどこの取引所にアカウントを開設するのか
現在、金融庁の認可を得ている取引所はどこも安全
と金融の専門家から聞きました。
さらに、もっと考えるならば
取引所の役員の出身企業なども結構参考になると言われています。

このことは取引所に拘わらず
先のインフラビジネスに出合った時にも
どこの企業が株主か、その株主の企業の株主はどこの企業か
位までは確認するとよいと思います。

今だから書いてしまいますと
かつて大手のホテルの演出関連の業者をしていたときに
ホテルに営業をかける前にまず
会社四季報を読みました。((´∀`))

今20代、30代の方々は
とても経済が大きく変化する大変な時代を
生き抜かなければらりません。

仮想通貨に歯止めという記事もあります。
一方、昨年IMF(国際通貨基金)の要職に就いたのは
元リップル社の社長でリップルを開発したクリス・ランセン氏です。
IMFの母体は国連です。

IMFはどんな役割を担っているのかなども理解すると
この意味も解ってくると思います。


現在世界の基軸通貨とも言われている米ドル
その所有権をもっている人・企業はどこか
どう考えているのか‥など‥

仮想通貨もよく考えてから購入した方が
よいかも知れません。

お役に立てば幸いです。




勉強してみました仮想通貨について2

仮想通貨の見極め方


数千種類あると言われている仮想通貨
今も新仮想通貨がどんどん発行され上場(公開)されています。

どの通貨を選べばよいのか
見極めるポイントを学びました。


1.買うタイミングが重要


どんなによい仮想通貨も「買う」タイミングが重要です。

タイミングはどの職業に就くか、
という時に最も重要なポイントになりますよね。
「時流」に乗った職業に就くとよいですね。
衰退期の職業についてもなかなかうまく行かないのは当然です。


タイミングについてこんな有名な話があります。
米国のケネディー大統領のお父さんの話しです。

ケネディ大統領の父ジョセフから教わるタイミングの重要性
政治家であり、ウォール街屈指の相場師で実業家でもあり莫大な財産を築いた
ケネディー大統領の父
 
1928年冬、ウォール街に行く途中の靴磨きの少年が、
「おじさん◯◯って会社が絶好調らしいよ。◯◯の株を買いなよ」
と進言して来た。
靴磨きの少年から話を聞いたジョセフが起こした行動、
それは全ての株を売り払ったことだった。

それから数カ月後、1929年10月29日(月)にニューヨーク証券取引場は、
時価総額の12%を1日で失うこととなった。
“ブラック・マンデー” である。
彼は、この難を見事に避け、財産を守った。

「タイミング」というビジネスの重要な要素を、
ジョセフ・P・ケネディと靴磨き少年の逸話は教えてくれています。


ここから学ぶこと
もうすでに有名仮想通貨を今から買うのは「遅すぎる!」
と学びました。

2017年の時点で、金融の専門家は
今や仮想通貨はFX状態
投資家や金融のプロは
AIを導入したのコンピューターで
専門チームに運営させているそうです。

素人は太刀打ができないと言われました。

では買うタイミングの最終は
上場すると間もなく一度は必ず下がる
その下がっとところで「買う」これがただ1度のチャンスであると。

あとは
慌てて売らず、じっと待つ
時期が来たら必要なだけ売る

どうしてもトレードしたい人は
予め自分の中でどの位の比率、いくらになったら売るのか
買い戻すのか 決めておくこと。

素人の最も多い失敗は
まだ上がると思っていただら
暴落、慌てて売る だそうです。

言われてみればそうだなと思いました。

実はなぜか私はrippleが1円未満の時に手に入れました。
半分忘れるほど、ほっぽって置きました。

今は100倍以上です。


2.仮想通貨を見極めるポイント

1.個人間送金ができること
2.独自のプラットフォームがある
3.トラフィックレコードを見る(アカウント数)
4.実際に使える場所がある

5.そしてさらに兌換された(国の指定機関に供託金を預けている)通貨である
6. その通貨のバックグランド
   発行会社はどの系列の企業か、協力会社はどこかなども重要です。
  


●個人間送金

意外にも少ないことを知りました。
現在、個人間送金ができる主な通貨は下記の位とか。
送金時間は
 bitcoin   平均15分程度
 ripple   4秒
 Ethereum  3分
 Stellar

ハッキングは送金するときに起こるとか
送金時間が短いほどハッキングされにくいとことも学びました。

現在のブロックチェーンは量子コンピューターの登場により
量子コンピューターを使うとブロックチェーンを突破できる
と聞きました。
今後のセキュリーティ―はAIを導入したセキュリティーに
なっていくとか。


●兌換通貨

仮想通貨の時価総額が大きくなるほど、
一般通貨の世界時価総額を壊していくことが
大きな問題になっているとか。

仮想通貨も兌換通貨であると
一般通貨の時価総額を破壊さずに共存になります。

ちなみにSuica、Tポイントなどは兌換ですので
発行元がなくなってもポイントは残ります。

これと同じように、兌換通貨は発行元がなくなっても
買った時に支払ったお金を国の指定機関に供託しているので
無くならないそうです。 
これなら安心かなと思います。

仮想通貨も今後は
投機目的でなく
実用になっていくとのことです。


仮想通貨の税金について

仮想通貨の税が制定されました
本当に高い税率です。
翌年の税金ことも考えないと大変なことになります。


勉強してみました仮想通貨について1

仮想通貨について学んだこと

ウェディングプランナーの仕事とは全く関係ないのですが
仕事の傍ら2年前ほど前から仮想通貨について
金融の専門家から学び始めました。

どんな仕事をするにも
世間の経済の動きは知っていた方がよいのではと
何事とも知らないまま、いきなり始めるのは危険なことだと
若い頃学んだ経験からでしょうか。

昨年末にはボーナスをすべてbitcoinにつぎ込み
大きな損金を出した若い方が結構いらしたとも聞いています。

私自身も含めそんなことがないようにと願っています。

まずは仮想通貨って何者なのか探ってみようという好奇心からです。

これから結婚する方
経済の安定は結婚後の生活には大切なこと
ご活用いただければと思います。

・フィンテックとは?<1>

・2027年頃までに無くなる仕事とは?<1>

・仮想通貨の見極め方<2>

・仮想通貨の税金について<2>

・ICOとは?<3>

・インフラビジネスとは<3>



学んだその一部にはなりますが、書き留めたいと思います。


フィンテックとは


金融の専門家から学んだことは
フィンテック=通貨革命は
IT(情報技術)を駆使した金融サービス で
その基本となるのが「仮想通貨」ということです

日本語では仮想通貨ですが、
他の国では暗号通貨「Crypto Currency(クリプトカレンシー)」
と呼ばれています。

この呼び方1つを取っても面白いなあと思いました。

世界どこにいても個人間送金ができる
ATMが必要なくなる、
海外送金の高額な手数料も払う必要がない と聞いて
これは便利と思いました。

一方、今ある銀行のATMが街から消える
昔公衆電話がなくなったように
あっという間になくなると。
今の公衆電話状態に
ほんの少しだけになるようです。

2017年1月2日位だったか?
日経新聞に「コンドラチェフの波」の特集がありましたが、
フィンテック(通貨革命)はコンドラチェフの波でいうと第5波になります。

突然起きたのではなく
世界の経済の流れの中で来るべきして来た
と言われています。


2027年までに無くなる職業


今のフィンテック(通貨革命)は
最後の経済革命で経済革命の集大成といえる
2032年頃がピークでその後2050年頃まで続くそうです。

今は全く想像ができない世界になるようで、何だか楽しみですが
そうも言っていられません。
その過程は
99の痛みと1の楽 
と言われることが過去の4回の経済革命では起きました。

つまり世の中99%の人が苦労し
それを仕掛けた、またその波に乗った1%の人々だけが
成功し大きな富を築いた歴史があります。


今はどんな時か


バンクオブアメリカや日本でも大手の銀行が
○○万人の人員を○○年頃までに削減すると発表しています。
金融機関で仕事をしている人々の大量失業の時代が来ると言われています。

フィンテック<経済革命)と同時に
AIやロボテクスの研究が進み
無人の自動運転の車の開発
税務、経理、事務職、運転は
AIやロボテクスが人に代わって行うようになることも
念頭に入れなければならない時代になりました。

複数の大手の総合研究所が要約すると
2020年代には日本の労働人口の49%が失業し
2027年に大学を卒業する子供の65%が今はまだない職業に
就くと発表しています。


無くならない職業


数値化できない人の心を相手にする職業、
人とのコミュニケーションスキルが必要とされる職業は、
「人間的」な仕事は、歌手、俳優、セラピストなども
AIに代替えが難しいとされているので
無くならない職業と言われています。